ソーシャルレンディングの唯一最大の問題点は「投資詐欺」です。

僕のノート
僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

ソーシャルレンディングの問題点

読者読者

ソーシャルレンディングの問題点って?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

1番の問題点は投資詐欺だよ


今回の記事では、ソーシャルレンディングの問題点を見ていきます。

まずは簡単に、ソーシャルレンディング投資の仕組みを、おさらいしましょう。

ソーシャルレンディング投資とは、早い話が金貸しです。

日本国民のほぼ全員が・・私達は皆、金貸し業を行っています。
お金(札束)
私達は銀行にお金を預けます。銀行に預けられたお金は、銀行を経由して、{お金を借りたい企業}などに、貸し出されることになります。
お金を借りた企業は、利息を支払いながら返済していきます。
その利息収入の1部が私達にも支払われていますよね。雀の涙ほどの少額ですが。

一方、ソーシャルレンディングも同じ仕組みです。

読者読者

銀行預金とソーシャルレンディングは同じ仕組みなのね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

本質的な仕組みは同じで、仲介業者が「銀行か?」「ソーシャルレンディング運営会社か?」の違いだよ


私達、個人投資家が投資したお金が、ソーシャルレンディングの会社を経由して、{お金を借りたい企業}に貸し出されます。
金を借りた企業は、利息を払いながら返済することになります。そのため、ソーシャルレンディング投資では、毎月、利息収入を得られることになります。
で、投資期間終了時には、投資元本も返ってきます。

銀行の普通預金との違いとしては・・

①流動性がソーシャルレンディングの方が低い(投資期間1年など資金拘束の縛りがある)
②銀行の場合は1000万円まで元本が保証されている
③ソーシャルレンディングの方が利息収入が多い

などでしょうか。

ソーシャルレンディング投資は、「元本が保証されていない定期預金。ただし利回りは超高利回り」というイメージでしょうか。
不動産投資の計算方法
利回り10%なんて、不動産投資みたいですよね。
不動産投資も、表面利回りは10%でも、空室や家賃下落、それに経費などを考慮した実質の利回りは5%程度になることも少なくないそうです。

そういう意味では、管理の手間はなく、クリック1つで、利回り10%を達成できるソーシャルレンディング投資は、とても魅力的な投資であり、資産運用の選択肢の1つと言えそうです。

スポンサードリンク


ソーシャルレンディング投資の問題点とは?

では、ソーシャルレンディングの問題点です。

ソーシャルレンディングの問題点は「貸し倒れのリスクがある」と言われることが多いですが、実際は、ソーシャルレンディングの会社の信用度だと個人的には思っています。

読者読者

ソーシャルレンディングの問題点は「貸し倒れ」じゃないの?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

1番恐いのは投資詐欺だよ


もし、ソーシャルレンディングの会社が、個人投資家から集まった金を、違うことにも使っていたら・・
投資詐欺
経営陣の遊び金や、怪しい投資などに使われていたら、、、資金繰りが上手くいかなくなった時に「すみません。会社が倒産しました。皆さまから預かっていたお金、もう、ありません。」と発表することになるかもしれません。

そんなことになれば、大問題となりますよね。
何百人、何千人と被害者がでて、何億円もの被害額となりそうです。

ニュースにも取り上げられ、日本国民の多くが「ソーシャルレンディングは怪しい」とか「やっぱり、こういう新しい怪しい投資に手を出すと損をする。騙される。被害者になる。」と思うことになりそうです。

読者読者

投資詐欺が起きたら最悪ね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

この記事を書いた後に、実際に、書かれているような投資詐欺が起きちゃったんだ。ただ、今後は、大きな投資詐欺事案は、もうないと思うよ。金融庁が厳しくなったし、金融庁の捜査が入って問題なかった会社が残っているから


とても素晴らしい画期的な仕組みであっても、運営側が不正をしたせいで、社会に根付くことができなかった前例はあるようです。
ソーシャルレンディングの問題点や大きなリスクが、もし、あるとすれば、「会社の不正」と言えるでしょうか。

貸し倒れに関しては、分散投資を徹底することで、リスクヘッジできるので、そこまで危険ではないし問題でもありませんよね。
やはり、1番大きな問題点・リスクは「会社の不正」や「会社の倒産」でしょうか。

新しいタイプの投資には、不正をする会社が参入してきて、投資詐欺事件を起こしがちですものね。

スポンサードリンク


ソーシャルレンディング投資のリスクヘッジの仕方・方法

ただ、ソーシャルレンディングの1番のリスクである「会社の倒産」に関しても、リスクヘッジは可能です。
それは、複数のソーシャルレンディングの会社で投資・資産運用をすることです。

読者読者

1つの会社だけで投資をしてはいけないってこと?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

せめて2~3社は使うのがおすすめだよ。1社だけで投資していると、その1社に、万が一のことがあった時がヤバいから


僕も、分散投資を徹底するために、何社ものソーシャルレンディング運営会社で口座を開設しています。
実際に、メインで使用しているのは5社程度ですが、複数社で投資・資産運用を行っています。
万が一、会社自体が倒産しても、大きな痛手を被らないようにしているわけです。

複数の会社で口座開設を行うのは面倒ではありますが、大事な大切な、お金を扱うために、そこまで注意を払っています。

ソーシャルレンディングの1番の問題点である「会社の倒産」から資金を守る方法は、複数の会社で、投資を行うこと!となりそうですね。

国内の(ほぼ)全ての会社で口座を持つ僕の{おすすめの会社(使える会社)}については、以下の記事が詳しいです。

【利回り比較】ソーシャルレンディングおすすめ会社ランキング

よく読まれている記事

【人気】 高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みとリスク

【人気】 【利回り比較】ソーシャルレンディングおすすめ会社ランキング

【人気】 不動産投資より手堅い産業用太陽光発電投資の仕組み

スポンサードリンク


僕のノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。