ソーシャルレンディングって、なに?と思いますよね。

僕のノート
僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

ソーシャルレンディングとは?仕組み

読者読者

ソーシャルレンディングって?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

手堅く稼げる「金貸し」の投資だよ


ソーシャルレンディング投資とは、高利回りが望める投資です。
仕組みはシンプルです。
不動産投資の計算方法
個人投資家が投資したお金が、ソーシャルレンディングの会社を経由して企業に貸し出されます。

お金を借りた企業は、利息をつけて、借りたお金を返済するので、投資家は、毎月、利息収入を得ることができます。
投資期間終了時には、投資資金、投資元本が返ってきます。
ソーシャルレンディングとは(図解)

読者読者

私が、どこかの会社に、お金を貸してあげるってこと?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

そう。で、金を貸してあげた会社から、支払われる利息収入が、毎月、入ってくるわけだよ


例えば、ソーシャルレンディングの投資案件①に100万円を投資するとします。
案件①は、利回り10%で、投資期間1年とします。

すると毎月、約8000円の利息収入が入ってきて、1年後には投資した100万円も返ってきます。
1年間で投資した100万円が110万円になる感じですね。

読者読者

じゃあ10万円を投資したら、毎月800円の利息収入が入ってくるわけね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

しかも全て自動で行われるから手間暇かからないよ


このように、ソーシャルレンディングは、{お金を貸して、利息収入を得る(投資期間終了後には投資元本を返してもらう)というシンプルな仕組みになっています。
株価ボード
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

株式投資やFX、不動産投資とは違い、ソーシャルレンディングは市場での売買がないため、「売る時に価格が下がっており、20万円の損失を出した」などの売買差益による損がなく、株式投資やFXなどに比べると、投資初心者含め、多くの人が手堅く利益を出しやすい仕組みになっています。

株やFXでは9割の個人投資家が負けているという話も聞きますが、その理由は「売る時に価格が下がっており、10万円の損失がでた」など、市場での売買があるからです。
ソーシャルレンディングは市場での売買がないから、手堅く利益を出しやすいわけですね。

読者読者

買い時や売り時の判断が必要ないなら、私でも勝てそう


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

貸し倒れが頻発しない限り、初心者含む全投資家がプラス収支をあげられる可能性すらあるのがソーシャルレンディングなんだ


さて、ソーシャルレンディングの会社は複数あり、会社によって、投資案件の利回りや、お金を貸す時の担保設定、「海外の企業にお金を貸すかどうか?」などに違いや特徴があります。

ソーシャルレンディングおすすめの会社

読者読者

どの会社で投資を始めればいいの?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

国内の(ほぼ)全ての会社で口座を持つ僕が、実践で使っている「使える会社」は以下の会社だよ

トラストレンディング

トラストレンディング

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

高利回りファンドで有名なのがトラストレンディングだよ


ソーシャルレンディングの【トラストレンディング】は、不動産による担保がありながらも、利回りは10%前後の{超高利回り案件}が多く人気であり、募集が開始されると、多くの個人投資家が資金を投資するため、早い段階で100%募集完了で成立してしまうことも少なくありません。

日本国内の人気エリアの不動産関連の案件が多く、安心して投資しやすい点も魅力です。

読者読者

不動産による担保もあって、高利回りなら投資しやすいわね

ソーシャルレンディングの【トラストレンディング】

クラウドクレジット

クラウドクレジット
ソーシャルレンディングならクラウドクレジットは、全世界の案件に投資できる特徴があります。

他のソーシャルレンディングの会社は、日本国内に投資するファンドが大半なので、分散投資先として使え、重宝します。

ただ、分散投資先として優れているだけでなく、利回り10%を超える高利回り案件が多い魅力もあります。

読者読者

利回り10%を超える・・


また、大企業である伊藤忠商事が、クラウドクレジットの株を買って株主になっているため、安心して投資しやすいですね。
僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

伊藤忠がクラウドクレジットを調査し「この会社は信頼できるし将来性もある」と判断したわけだね


僕は、伊藤忠商事がクラウドクレジットの株主になったニュースを知ってから、クラウドクレジットへの投資額を増やしました。

過去の運用実績を見ても、貸し倒れの心配は(ほぼ)ありませんし、予定通り10%前後の利回りで投資完了(運用終了)となるファンドが大半だからでもあります。

僕がメインで使っている会社がクラウドクレジットです。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

オーナーズブック

オーナーズブック
オーナーズブックは、東京都心の一等地不動産のファンドが販売される稀な会社です。

「1万円から出来る不動産投資」というだけではなく、日本で最も価値あるエリアの不動産に間接的に投資できる点は魅力的です。

読者読者

不動産の担保価値が高いから、貸し倒れが発生しても不安は小さいわね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

不動産投資による不労所得が欲しい人に人気の会社だよ


僕も、オーナーズブックには積極的に投資中です。

なお、過去のファンド実績を見ればわかりますが、オーナーズブックでは物件の売却に成功すると、利回りが10%以上に跳ね上がることがあり、そこも魅力です。

不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】

クラウドバンク

クラウドバンク
クラウドバンクは、ファンドの販売数と種類が多いので、分散投資がしやすい会社です。
また、ファンドの投資期間が短い点も魅力です。

読者読者

投資期間が短いファンドに投資したい私には、ピッタリね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

風力発電や太陽光発電のファンド、それに上場企業に投資できるファンドなど、面白いファンドが多いよ


利回りも、実績で7%近くあるので、使いやすい会社です。

僕も、少しづつ、少しづつ、クラウドバンクへの投資額が増えています。
投資しやすいので、つい投資額が増えてしまうんですよね。

クラウドバンクで資産運用

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディング
大手SBIグループが運営するソーシャルレンディングの会社が、SBIソーシャルレンディングです。

大手なので信頼感は抜群であり、投資しやすい会社です。
ただ、高利回りファンドは、すぐに満額成立になりやすい点がデメリットです。

ソーシャルレンディングのリスク

読者読者

私はリスクが心配だわ


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

リスクは2つあるよ


さて、ソーシャルレンディング投資は、高利回りの投資なので当然リスクがあります。

リスクは主に2つあります。

スポンサードリンク



1つが貸し倒れです。

貸し倒れ(ソーシャルレンディングのリスク)

お金を貸した企業が倒産すると、投資した(貸していた)お金が、返ってこない可能性があります。

読者読者

お金を貸していた会社が倒産したら最悪ね


ただ、ソーシャルレンディングの投資案件の多くは、不動産などの担保がついていたり、保証会社による保証がついているので、その点は安心です。
そのため貸し倒れによって、投資した全額が返ってこない・・という最悪の事態となるケースは、そこまで多くないのかもしれません。
僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

担保をつけて金を貸すファンドが大半だから「貸し倒れ」は、そこまで恐くないよ


もう1つのリスクは、ソーシャルレンディングの会社が倒産してしまうことです。

運営会社の倒産(ソーシャルレンディングのリスク)

ソーシャルレンディングの会社が倒産してしまうと投資していたお金がどうなるかわかりませんよね。

読者読者

運営会社自体が倒産しちゃったら、もっと最悪だわ


そのため、もしも万が一、ソーシャルレンディングの会社が倒産しても被害額が最小限に抑えられるよう、1つのソーシャルレンディングの会社だけで、お金を運用しないことが大切となりそうです。
僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

万が一のリスクヘッジのために、僕は複数の会社で投資しているよ


例えば、A社、B社、C社というように複数のソーシャルレンディングの会社で投資を行なっていれば、万が一、A社が倒産しても、全額を失う心配はありません。
具体的には、50万円の資金があるなら、クラウドクレジットで20万円を運用し、トラストレンディングで20万円を運用し、残りの10万円をオーナーズブックで運用する感じですね。
金貨の写真【投資/お金】
3〜4社の口座開設をするのに1時間も時間はかかりません。
また、各ソーシャルレンディングのサイトの{マイページ}では、現在、投資中の案件を、簡単に把握できるので、複数の会社で、複数の案件に投資していても、管理に手間がかかることもありません。

ソーシャルレンディング投資では、最初に「投資する」を選択した後は、市場での売買がないので、その後は自動的に、毎月、利息収入が入ってきて、投資期間終了時には、投資元本が返ってくるだけなので、資産運用の管理は楽な特徴があります。

大事なお金の運用のことなので、万が一に備え、分散投資を徹底しておくと後で後悔する心配もなくなりそうですね。

読者読者

どの会社で投資するか迷う


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

どの会社も、口座開設や口座維持料などは完全無料だから、とりあえず複数、口座を開設する人が多いよ

どうせ口座を開設するなら、まとめて行うと効率が良いのでおすすめです。手順は、どの会社も同じだからです。
僕も数社、まとめて口座開設を行いました。

僕は、国内にあるソーシャルレンディングの会社の、ほぼ全てで口座開設をしていますが、以下の4社なら、どこも間違いなし!で、おすすめです。

ソーシャルレンディングの【トラストレンディング】

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】

クラウドバンクで資産運用

よく読まれている記事

【人気】 高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みとリスク

【人気】 【利回り比較】ソーシャルレンディングおすすめ会社ランキング

【人気】 不動産投資より手堅い産業用太陽光発電投資の仕組み

スポンサードリンク


僕のノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。