クラウドファンディングってなに?と気になりますよね。

僕のノート
僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

クラウドファンディングとは?

読者読者

クラウドファンディングってなに?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

新しい資金調達の仕組みだよ


クラウドファンティングとは、インターネットを活用して、不特定多数の個人から少額づつ資金を集める{資金調達}の仕組みのことです。
お金(札束)
今まで、資金を調達する方法としては・・

①銀行からお金を借りる(消費者金融含む)

②友達や親族からお金を借りる

くらいしか現実的には難しかったのですが、クラウドファンティングの出現によって、資金調達の選択肢が増えることになりました。

さて、クラウドファンティングには「寄付型」「購入型」「投資型」と3種類あります。

まず「寄付型」ですが・・

クラウドファンディング寄付型とは?特徴も

「寄付型」では、クラウドファンティングのサイト上で「地域の伝統行事を復活させたいので100万円必要です。協力して下さい」などと寄付を募るケースが多いようです。

「寄付型」では、お金を出資しても、特にリターンはありません。

次に「購入型」です。

クラウドファンディング購入型とは?特徴も

「購入型」では、クラウドファンティングのサイト上で「飛距離が抜群にのびるゴルフボールを開発したいので、300万円を集めたい。出資して下さった方には、完成したゴルフボールをあげます」などと、出資を募っています。

「購入型」では、お金を出すことにより、権利やモノを得ることができます。上記の例では、飛距離がのびるゴルフボールを貰えるわけです。

さて、最後は「投資型」です。

クラウドファンディング投資型とは?特徴も

クラウドファンティング投資型とは、金銭的なリターンを得ることを目的に、お金を出資するクラウドファンティングのことです。
「寄付型」や「購入型」と分けるために、クラウドファンティング投資型ではなくソーシャルレンディングと呼ばれることも多いです。

読者読者

ソーシャルレンディング=クラウドファンディング投資型ってことね


仕組みとしては、複数の個人が投資したお金が、クラウドファンティング投資型の会社を経由して、資金調達を必要としている企業に貸し出されます。
そして、お金を借りた企業は、利息をつけて返済しないといけないため・・

クラウドファンティング投資型の会社を経由して、お金を貸した個人は、毎月、利息収入を得つつ、投資期間が終了すると、投資した資金を返してもらえることになります。

「お金を貸して、利息収入を得る」という仕組みが、クラウドファンティング投資型(別名ソーシャルレンディング)なわけですね。

読者読者

金を貸して、利息収入を得るって、銀行みたいね。


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

銀行が行っている手堅い商売・投資を個人で行えるのがソーシャルレンディングなんだ


クラウドファンティングには、見返りを求めない「寄付型」や、投資することで、モノや権利、サービスを購入することになる「購入型」があります。

普通、クラウドファンティングと聞くと、「寄付型」や「購入型」を連想するケースが多そうですね。
クラウドファンティングのサイト上では「地域伝統の~~を支援して欲しい(寄付型)」や「変化球が曲がりやすい野球ボールを作りたいので支援して下さい。出来上がったら支援者に完成した野球ボールをあげます。(購入型)」などのプロジェクトが多くありますよね。

そういった「寄付型」や「購入型」は、支援者を支援する意味合いが強いのですが、「投資型」は、支援というよりも、純粋に金銭的リターンを求めて資金を出すケースが多いようです。純粋に、投資なわけですね。

クラウドファンティング投資型は、「寄付型」や「購入型」と区別する意味で、ソーシャルレンディングと呼ばれるケースが多いようです。
「投資型」は、「寄付型」や「購入型」とは、運営会社もサイトも異なります。

スポンサードリンク


クラウドファンティング投資型の市場規模は拡大している

全世界的にクラウドファンティングの市場は大きくなっていますが、「投資型」のクラウドファンティングも市場が拡大しています。
その理由の1つは、高い利回りです。
銀行の預金にお金を預けても、ほとんど利子がつかないのに対して、ソーシャルレンディングでは利回りが10%を超える案件もあります。

仮に100万円を利回り10%のソーシャルレンディングの案件で運用したら、年間で10万円の利息収入となります。毎月、約8000円が利息収入として入ってくるわけですね。銀行の預金とは大違いですね。

しかし、銀行の預金と同じく、「投資」と言っても、特にやることはありません。
投資する案件を選び投資した後は、毎月、自動的に利息収入が入ってきて、投資期間終了時には、投資した資金(投資元本)が返ってきます。収入の種類が不労所得になるわけです。
ただし銀行の預金と違って、元本は保証されていません。「貸し倒れ」などのリスクがあるわけですね。

リスクについて詳細はソーシャルレンディングのリスクは貸し倒れと会社倒産にて。

スポンサードリンク


クラウドファンティングまとめ

クラウドファンティングは、「寄付型」「購入型」「投資型」に限らず、インターネットの発展によって始まった歴史の浅いサービス・仕組みです。
今後、変化しながらも、少しづつ社会に根付いていくことになるでしょうか。
金貨の写真【投資/お金】
特に「投資型」は、企業にとって新しい資金調達の方法として注目されており、企業が借りるお金の額は何千万円、何億円と大きいため、クラウドファンティング投資型の市場規模は、世界的にも拡大しているようです。

なお、僕はクラウドファンディング投資型をメインに資産運用を行っています。
クラウドファンディング投資型は本当の意味で不労所得になる点と、利回りが高い点、そして分散投資さえしておけば、トータルの収支を手堅くプラスにしやすい点が魅力です。

クラウドファンディング投資型・・ソーシャルレンディングは、資産運用に興味がある場合、検討しておかないと機会損失となりそうです。

僕のメインの資産運用方法であるソーシャルレンディングについては、以下の記事が詳しいです。

高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みとリスク

よく読まれている記事

【人気】 高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みとリスク

【人気】 【利回り比較】ソーシャルレンディングおすすめ会社ランキング

【人気】 不動産投資より手堅い産業用太陽光発電投資の仕組み

スポンサードリンク


僕のノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。