ソーシャルレンディングの投資実践が1年以上、経過し「どの会社が本当に利回りが高いか?」が、わかってきました。

僕のノート
僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

ソーシャルレンディング【利回り比較】おすすめ会社ランキング

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

国内の(ほぼ)全ての会社で口座を持つ僕が、投資実践でわかった「おすすめ会社」をランキングしていくよ

クラウドクレジット

利回り比較ランキング、おすすめの会社【第1位】はクラウドクレジットです。
クラウドクレジット
利回り10%前後のファンドが何種類も販売されているうえ、世界各国に分散投資できるのはクラウドクレジットだけです。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

利回り10%ファンドが買えるのは数社しか存在しないよ


読者読者

でも、利回りが高すぎて怪しいし、海外投資は不安だわ


僕は初めてクラウドクレジットを見た時に「利回り10%で海外投資って怪しい奴じゃん」と思いました。

でも、クラウドクレジットは、海外の高利貸し業社に金を貸すファンドであることを理解してから、投資額が増えていきました。

読者読者

高利貸し業社に金を貸すファンド?


例えば、1000人にお金を貸す場合。
1000人中、1000人が金を返さなければ、僕ら個人投資家が投資した金は、全て返ってこなくて、投資額の全額を失うことになります。

でも、お金を貸した1000人中、1000人が金を返さないことはありえません。

金を返さない人が想定以上に続出しても、1000人中、300人も400人も、金を返さない人が続出することはないでしょう。
このことは、クラウドクレジットへの投資は、投資額の全てや、多くを失うほど危険な投資ではないことを意味します。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

金を返さない人が想定以上に増えても、利回りが当初予定より低下する程度で終わることが大半だよ


読者読者

過去実績を見ても、当初予定より利回りが低下するファンドはあっても、投資元本割れするファンドは、ほぼないものね


利回りが10%前後と高いのに、投資額の全てや、多くを失うほどのリスクは(ほぼ)ないクラウドクレジットは、リスクとリターンを天秤にかけた際に、リターンの方が大きいので、判断としては「投資する」になりますよね。

また、大企業である伊藤忠商事がクラウドクレジットの株を買い株主になりました。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

伊藤忠がクラウドクレジットを調査して「この会社は大丈夫!」と判断したわけだよ


1個人が、ソーシャルレンディングの会社の本当の内情まで調べるのは無理がありますが、伊藤忠なら可能でしょう。
クラウドクレジットの運用実績
だから僕は、クラウドクレジットに対して強きであり、150万円以上を投資しているわけです。
まだ運用中のファンドが大半ですが、既に分配金は7万円以上も貰っています。
僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

なんの手間暇もかけずに、利回り10%で運用できる状況が、永遠と続くとは考えにくいから、稼げるうちに稼ぎたいと考えているよ

高利回りランキングでも1位なうえ、会社の信頼性も高く、過去実績から貸し倒れの心配も(ほぼ)ない。
しかも、世界各国に分散投資できるので、日本の不動産市場の暴落に対するリスクヘッジにもなり、1万円から投資可能なため分散投資もしやすい・・

おすすめ会社ランキングとしても1位なのがクラウドクレジットですね。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

トラストレンディング

利回り比較ランキング、おすすめの会社【第2位】はトラストレンディングです。
トラストレンディング
トラストレンディングは、不動産の担保付きなのに、利回り10%を超えるファンドを販売する珍しい会社です。

読者読者

不動産の担保付きなら安心感があるわね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

万が一の貸し倒れが発生しても、不動産を売ることで、投資家の投資資金を回収できるからね


不動産の担保付きファンドは通常、4~6%程度で売られることが多いのですが、トラストレンディングは、会社の取り分が少ないこともあり、高利回りファンドを販売しています。

クラウドクレジットとトラストレンディングは、利回り10%以上のファンドに投資できるソーシャルレンディングの会社の代表的な存在だと言えるでしょう。

もちろん、僕も投資中です。
トラストレンディングの運用実績
こんな感じで、投資額も30万円だし、まだ運用途中なのに、配当金(分配金)が1万円を既に超えています。
やはり利回りが高いと、配当金額が多くなりますね。

ソーシャルレンディングの【トラストレンディング】

オーナーズブック

利回り比較ランキング、おすすめの会社【第3位】はオーナーズブックです。
オーナーズブック
オーナーズブックは、東京の一等地にあるオフィスビルやマンションが担保となる「手堅いファンド」を販売する会社です。

手堅いだけに、利回りは高くなく4~5%程度のファンドが中心です。
でも、過去実績を見るとわかるとおり、物件の売却に成功すると、利回りが10%以上に上がる特徴があります。

読者読者

手堅く運用できて、しかも利回り10%超えも狙えるのは魅力的ね


当初の予定通り、利回り4~5%で運用完了(運用終了)となるファンドが多いですが、それでも「利回りが10%以上もありえる」と思うと、楽しみがあって良いですよね。

僕もオーナーズブックに投資中であり、投資額を増やしていこうと考えています。

不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】

クラウドバンク

利回り比較ランキング、おすすめの会社【第4位】はクラウドバンクです。
クラウドバンク
クラウドバンクでは、利回り10%を超えるような超高利回りファンドの販売はされていませんが、それでも実績利回りで7%近くと、投資家としては満足できる高利回りファンドを販売している会社となります。

また、クラウドバンクがおすすめの理由は、利回りが高いことだけではなく・・

・ファンドの種類が豊富
・ファンドの販売数が多い
・投資期間が短い

など、投資のし易さも関係しています。

僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

太陽光発電や風力発電のファンドや、上場企業に投資できるファンドなど、ファンドの種類が多いよ


クラウドバンクは、分散投資しやすいので、重宝しています。

クラウドバンクで資産運用

SBIソーシャルレンディング

利回り比較ランキング、おすすめの会社【第5位】はSBIソーシャルレンディングです。
SBIソーシャルレンディング
SBIソーシャルレンディングは、運営会社の母体が大きいので、会社として信頼感があり安心して投資できる特徴があります。

読者読者

大手SBIグループだから、安心感があるわね


ただ、ファンドの利回りは、そこまで高くないので、出来れば高利回りで運用したい僕は、徐々に投資額が減ってきています。
僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

初めは他のソーシャルレンディングの会社が謎だったから、SBIソーシャルレンディングをメインに運用していたよ


利回りが4%と8%では、分配金に2倍の差がでるので、やっぱり高利回りファンドは魅力ですものね。
現在は、他のソーシャルレンディングの会社への信頼度が高まったことにより、運用資金を移動中です。

【利回り比較】ソーシャルレンディングおすすめ会社ランキング!まとめ

利回りだけでは投資判断ができませんが、現状、どの会社も(ほぼ)貸し倒れがありません。
金融危機が発生したり、大災害が発生しない限り、この状況はしばらく続きそうです。

読者読者

貸し倒れリスクが上昇しない限りは、高利回りファンドで運用した方がお得ね


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

金融危機が発生したら、ファンドの投資期間終了時に、状況が落ち着くまでは再投資しなければ良いだけなので、金融危機も、そこまで警戒する必要はないと思うよ


というわけで、現在は利回り重視で運用中です。

最後に、まとめです。

ソーシャルレンディングならクラウドクレジット
利回り比較、おすすめ会社比較でも第1位。海外に分散投資できる点も魅力。

ソーシャルレンディングの【トラストレンディング】
不動産による担保付きなのに利回り10%前後

不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】
「手堅い」ファンドなのに物件の売却に成功すると利回りが10%以上

クラウドバンクで資産運用
利回りも高く、ファンドの種類や販売数が多いので分散投資しやすい

よく読まれている記事

【人気】 高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みとリスク

【人気】 【利回り比較】ソーシャルレンディングおすすめ会社ランキング

【人気】 不動産投資より手堅い産業用太陽光発電投資の仕組み

スポンサードリンク


僕のノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。