太陽光発電投資は、人気の不動産投資より手堅い投資対象です。

僕のノート
僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

太陽光発電投資とは?仕組み

読者読者

太陽光発電投資って、どんな仕組み?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

発電した電気を電力会社に売って儲ける投資だよ


産業用太陽光発電とは、太陽光パネルで発電した電気を、大手電力会社に売ることで利益を得られる投資・事業です。
土地を確保し太陽光パネルを設置した後は、特にメンテナンスなどはなく、毎月、毎年、安定して売電収入が入ってくるので、事業というよりは、投資に近い・・ということで、太陽光発電投資などとも、言われることがあるようです。
太陽光発電
太陽光パネルを設置する土地が必要となるうえ、利回りが10%前後になりやすいため、不動産投資と比較されることが多いようです。

ただ、不動産投資とは違い、{空室リスク・家賃下落リスク}などがなく、太陽の日射量は数年スパンで見ると安定しており、国が20年間の買取価格を保証しているので利回りが低下する心配が低く、不動産投資より手堅いという特徴があります。

不動産投資や株式投資など、他の投資をしている人が、分散投資先の1つとして、産業用太陽光発電を行っているケースも多いようです。

産業用の太陽光発電投資の流れを見てみます。

産業用太陽光発電投資の始め方

読者読者

太陽光発電投資を始めたい


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

流れを見ていこう

土地を見つける

まず、太陽光パネルを設置する土地を確保する必要があります。
土地を買っても良いし、土地を借りて行う場合もあります。
太陽光発電は、太陽の光によって発電した電気を、電力会社に売る仕組みなので「日射量(太陽の光が、どれだけ太陽光パネルに当たるか?)」が重要になります。
そのため、日陰になりやすい土地は向いていません。
太陽光発電投資の写真
太陽光発電投資の経費・初期費用には、土地代がしめる割合も大きいので、土地を既にもっている人の方が有利です。

土地をもっている場合、土地にかけるお金が必要ないため、利回りが10%前後を超えて、もっと高い利回りになるケースが多いようですし、少々、日当たりの悪い土地でも、その土地が自分の土地なら、土地にかかる費用がないため利回りが10%前後になるケースもあるようです。

スポンサードリンク


太陽光パネルを設置する

土地が確保できた後は、業者を探すことになります。まず、業者を見つけてから土地を探す場合もあります。
太陽光パネルは、各メーカー毎に特徴があり、また価格も違います。
及び、設置業者も様々なため、普通は、設置業者に相見積もりをとって、設置業者を決めます。
【タイナビNEXT】無料で産業用太陽光発電一括見積り!は、一括で見積もりが出来るため人気なようです。
タイナビは、太陽光発電関連では大手の会社となるので安心です。

業者が決まった後は、土地に太陽光発電を設置していきます。

※土地の整備が必要な場合は、土地の整備を行ってからパネルの設置となる。
設置が完了したら、電力会社に接続を頼むことになります。
産業用太陽光発電と風量発電
業者が、土地の手配や、経済産業者や電力会社に申請をしてくれるので、先に業者を決めた方が良いかもしれませんね。
土地のメドがなくても、太陽光発電の設置業者に「どこかに、いい土地、ありませんか?」と相談すると、「あそこに、太陽光発電に向いた土地がありますよ」と教えてくれたりもするようです。
太陽光発電の設置業者の多くは、土地に関する情報も、いろいろともっている場合が多いようです。

売電収入を得る

太陽光パネルが設置できて、電力会社との接続が終われば、あとは毎月、売電収入が振り込まれてきます。
太陽光発電投資では、20年間の固定買取価格となるため、20年間、毎月、安定した売電収入が振り込まれてくることになります。

スポンサードリンク


太陽光発電のメリットとデメリット

読者読者

太陽光発電投資のメリットやデメリットは?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

特徴的なメリットが多いよ


産業用の太陽光発電投資のメリットとデメリットです。
まずはメリットから。

20年間の固定買取価格と日射量

太陽光発電投資では、国が、20年間、売電価格の保証をしてくれています。
例えば「1kwあたり24円で20年間、買取を行います」というようにです。
そして太陽の日射量は年間をとおして見れば安定しているし20年間で見れば、ほぼシュミレーション通りになります。

※地域別に太陽の日射量の予想値があり、そのような情報は太陽光発電の業者がもっている。

売電収入額は「1kwあたりの買取価格×日射量」なので、買取価格も日射量も決まっている、ということは「20年間の売上額が決まっている」ということを意味します。
これだけ不透明な時代に、20年間の売上額が決まっている・・メドが立つビジネスって、そう、ありませんよね。
不動産投資の計算方法
不動産投資では、近隣に新しいアパートが建ったり、道路が新しくできたり、工場が閉鎖されたりすると、空室が発生しやすくなります。
そのため10年先、15年先の家賃収入額は、どうなるか、わかりませんよね。
太陽光発電では、そういった心配がないわけです。

ランニングコストが最初からわかる

不動産投資では、急に改修費用が発生したりする場合もありますが、太陽光発電投資では、急に改修費用が発生するようなことは、ほぼなく、20年間でかかる経費が最初からわかるメリットがあります。

主な費用は「土地代」「10年後のパワーコンディショナーの交換費用」で、あとは規模が大きくセキュリティーをいれる場合は「セキュリティー費用」などです。
このあたりの経費については、太陽光パネルの設置業者が詳しく教えてくれます。

20年間の利益額がわかる

20年間の売り上げ額がわかり、20年間の経費がわかる、ということは、20年間で得られる利益額も、投資する前から、わかることになります。

そのため太陽光発電投資は、とても確実性の高い投資であり、だから銀行からもお金を貸してもらいやすいメリットがあります。
銀行側も「産業用太陽光発電なら、ほぼ確実に利益が出るため、貸したお金も、きちんと返してもらえるだろう」と考えるわけですね。

ちなみに、土地を買ったり、借りたりして太陽光発電投資を行う場合、利回りは10%前後となりやすいようです。
そのため、仮に1000万円を投資したら、20年間で1000万円儲かる計算となります。投資額が3000万円なら、20年間で3000万円、儲かるわけですね。

銀行がお金を貸してくれる

確実性が高く、規模が大きいほど利益も大きくなるので、銀行から、お金を借りて、なるべく大規模で太陽光発電を行う人も多いようです。
億単位の借り入れを行い、太陽光発電に投資している人や企業も少なくないようです。
そして、確実性が高い投資であるため、億単位のお金を、銀行側も貸すケースが少なくないようです。

スポンサードリンク



次に産業用太陽光発電投資のデメリットです。

土地関係のトラブル

不動産投資でも、そうですが、土地関係のトラブルが1番、厄介な部分だと言えるでしょう。
投資詐欺
土地を借りるにしても、買うにしても、すんなりといかないケースは少なくないようです。
その点、既に土地契約が済んでいる中古太陽光発電なら、土地契約のトラブルを回避できるようです。

電力会社と接続できない

土地を取得し、太陽光パネルを設置して「さぁ、売電を始めるぞ」となっても、電力会社が、なかなか接続をしないケースもあるそうです。
そのため一部電力会社の管内では、一時接続の中断も起きて大混乱となり、当時は、TVニュースにも取り上げられていました。

その点、既に電力会社との接続が終わり、無事、稼働が行われている・・既に売電が開始されている中古太陽光発電なら、安心感は高そうです。

スポンサードリンク


中古の産業用太陽光発電投資を始めるには?

読者読者

簡単に太陽光発電投資を始められないの?


僕の資産運用ノート僕の資産運用ノート

だったら中古発電所を買うのが、おすすめ


太陽光発電投資は、1から全部、自分でやろうとすると、結構大変なです。
土地を探して契約したり、業者を選別して契約したり・・特に「土地探し」と「土地契約」の部分が大変ですね。
そういう意味でも、既に土地をもっている人や、太陽光パネルを設置できる屋根のあるアパートなどをもっている人は有利ですね。

ただ、現在は、中古の太陽光発電・・既に土地契約も終わり、パネルも設置されて、売電が開始されている産業用太陽光発電も、多く売りにだされています。

中古発電所は、売りに出ている発電所を「買うだけ」で、あとは毎月、売電収入を得られます。
時間や労力をかけずにすむので、時間や労力を計算に入れると、中古発電所を買ってしまうのも有りですよね。
大手企業も、買った日から売電収入が入ってくる中古発電所を買うことで、発電所を増やしていき、会社の利益を増やしているところが少なくありません。

《公式》タイナビ発電所はココ!土地付き太陽光発電の投資物件検索サイトでは、都道府県別に、売りに出ている中古太陽光を見ることができます。
実際に見てみると、中古太陽光も、利回り10%前後の物件が多いですね。
不動産投資用アパート
利回り10%と言っても、不動産投資の利回り10%とは、安定感が違う!と言えそうですね。
不動産投資の場合は現在は利回り10%でも、今後、空室があったり、近隣にアパートができて家賃が下落し、利回りが低下するリスクがありますが、太陽の日射量は数年スパンで見ると安定しているからです。

中古太陽光発電の利回りを知っておくことは、安易に不動産投資を始めて失敗したり後悔するリスクを減らせることに繋がりますし、 他の投資・・例えば利回り10%前後の案件もあるソーシャルレンディングとの比較にもなります。

投資する際は、いろいろな種類の投資を相対的に比べて「現在の状況なら、高配当株への投資より、ソーシャルレンディング投資だな。」とか「今、投資するなら不動産投資より、太陽光発電投資だな」などと投資対象を決定することになるため、様々な投資について知っておくことはメリットも多いようです。

なお、太陽光発電ファンドに1万円から投資でき、毎月、分配金を得られるソーシャルレンディングについては、以下の記事が詳しいです。

高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みとリスク

よく読まれている記事

【人気】 高利回りソーシャルレンディング投資とは?仕組みとリスク

【人気】 【利回り比較】ソーシャルレンディングおすすめ会社ランキング

【人気】 不動産投資より手堅い産業用太陽光発電投資の仕組み

スポンサードリンク


僕のノート
【僕のノートシリーズ】は、僕がノートに書き込んできた「大切なこと」をシェアさせて頂いているブログです。